国際結婚Q&A

Q&A

在日国際結婚Q&A

日本で入籍できます。男性の本籍がある役所でない場合は、本籍がある役所から戸籍謄本を発行してもらい、女性の書類がそろえば入籍できます。

女性のビザの種類にもよりますが、ほとんどのビザは中国に帰る必要はありません。
結婚した後、日本で暮らしながら、ビザが下りるのを待ちます。

結婚後、妻の国籍はまだ中国で、パスポートの名前はそのままですが、日本の役所で通称名をつけることができます。その通称名の苗字は旦那と同じです。普段の暮らしの中で、通称名を使って便利です。

中国人は器用で適応力が高い、仕事さえ選ばなければ簡単に見つけることができます。私達も紹介することができます。働き者が多く、家にずっといるより外で仕事をして、日本語の上達にもつながります。

在日女性は若い人がほとんどです。自分も働きたい意欲が強く、専業主婦を希望する人はほとんどいません。

中国の親は年金のある人がほとんどで、仕送りする人はあまりいません。

結婚してからの在日年数や国民年金の支払いなど一定の条件を満たしていれば、申請する事ができます。

すでに日本に住んでいて、個人差は有りますが、ほとんどの人は日本語を話すことができます。日本の文化や生活習慣にも慣れていて、日本にもなじんでいます。永住権や帰化された人も多くいて、車免許を持っている人もたくさんいます。男性は渡航せず、休日を利用して、交際ができます。

今まで、60代でも結婚して、お子さんが生まれた方もいました。日本人同士なら難しいですが、国際結婚なら、年齢差が10歳~20歳違うのがほとんどです。中国女性はそれほど気にしません。

中国女性は親孝行する人が多いです。家族を大事にして、中にはお年寄りが好きな人もいて、それほど心配する事はありません。

都会の好きな人が多いですが、中には田舎が好きな人もいます。場所より、人柄を重視して、優しくしてあげれば、来てくれる人がいます。

入会して登録し、お気に入りの女性に申込し、お相手の承諾を貰ったら、お見合い成立、交際に進展する場合、約一か月くらいお付き合いし、お互い結婚の意志が固まったら、成婚になります。
かかる時間は個々の条件にもよりますが、お相手に求める条件にも関係します。私の経験から言うと、誠実で優しい人が早く結婚が決まります。
仲人のアドバイスを参考にしながら、婚活した方が良いと思います。在日国際結婚は、基本、お見合い、交際、結婚まで、スピーディーに行う事ができます。

独身で、社会人として常識のある方、安定した収入があり、反社会的な勢力でない方。

最初は、無料カウンセリングをし、その後入会するか、しないかはあくまで本人の意思で決めることなので、強引に勧める事はありません。結婚はご縁あってのものですから。

今は、離婚歴のある人も珍しくありません。当相談所の女性会員の中には、離婚歴のある人もいます。過去の経験をいかして、前向きにチャレンジしていきましょう。
私達も全力で応援致します。

当相談所は最初の無料カウンセリングから、お見合い、交際、ご結婚までマンツーマンで、一貫して、サポート致しますので、お見合い時の服装、身だしなみ、話し方など、好感度の高いファッションスタイル、成婚に導くためのアドバイスを致します。
一つ一つ行動に移せば、少しずつ自信がついてきます。まずは、ご安心して、私達にご相談してください。

大丈夫ですよ。結婚への不安や悩みなど、心配な事があれば、話だけでもお聞きしますので、お気軽にご相談ください。

日本では、結婚適齢期の女性が例えすべて結婚できたとしても、男性は約340万人余る事になります。現社会はグローバル化が進んで、日本で暮らしている外国人が年々増えています。身近な存在になっていて、外国人に興味を持つ人も増えています。
結婚適齢期を逃した男性はなかなか結婚が決まらないのが実情です。そこで、身近にいる外国人女性との結婚も視野に入れる男性も増えて来ています。若くて美人な方も多く、年の差も気にせず、子供を産んでくれる人もいます。
在日国際結婚で、幸せな夫婦がいっぱいいます。

会員様の個人情報は厳重に管理しております。
相手紹介以外の使用は禁止ですのでご安心下さい。

政治と民間交流は全く別ものです。影響はありません。在日の中国人女性は、日本が好きだから日本で暮らしているのです。ご安心ください。